40代中高年のSEが転職をするにはどんな職業があるのか

SEの仕事は体力的に35歳が限界などとささやかれています。SEとしての求人募集も35歳を境にして激減するといわれています。40代でSEから別の職種に変わる人は40%にもなるという数字が出ています。40代以降の中高年のSEの転職はもう無理なのでしょうか。

中高年のSEの転職先としては狭まるとはいえ、いくつかあります。まず最も多いのが中小零細企業向けのITコンサルタントです。IT化が進んでいるのは大企業だけで、中小企業はまだITインフラの導入が進んでいないところが多くあります。そのような中小企業では導入計画から始まって、運用、保守メンテナンスまで、幅広い業務がこなせて即戦力となる経験豊かな中高年SEを求めています。

社内SEにも、中高年を募集する会社があります。体力的にも自信の持てない年代ですから、顧客の無理な要件に対応する必要もなく、また過去の自分の経験を生かせるということもあり、人気があります。ただし募集の絶対数が少なかったり、通常の募集広告では、本当に中高年のSEでも採用する気があるのかという微妙な点はわかりません。そういった場合には、転職エージェントに登録しておいて確実な情報だけを待つのが一番かと思われます。

パソコン教室の先生という働き方もあります。最近ではシルバー世代のパソコン教室が多くなっており、それに伴う講師の先生が不足しています。シルバー世代を教えるという立場上、あまり若い先生よりも世代が近い人を求める傾向が強いようで、そうした求人数は増えています。

このように、特にSEにこだわらなければ中高年であっても、キャリア人材として豊富な経験を生かした職場はまだまだありますから、あきらめずに積極的にトライしてみましょう。

40代超えてもSEをしていた先輩

私がまだ会社に所属していたころの話ですが40代女性SE先輩がいました。係長クラスの役職をもらっていましたけどやってることは小規模プロジェクトのPL、SEです。メンバーは10人前後でしたし大きくても5000万円~1億円程度の規模でした。40代女性というのにパワフルな人で、残業もしばしばしてましたけど、しょっちゅう体調不良になってましたね。なんとか若い衆に仕事を振って自分は顧客との調整に回ろうとしてたみたいですけど、調整が下手な人だったのでメンバーが次々に辞めていってました(笑

なので40代からのSEはメンバーを守れるような人になって欲しいし会社としてもそう若いSEに辞められたんじゃたまったものじゃないので、コミュニケーション力を通じてうまく立ち回り、若手の指導やリーダーシップを発揮できるような人になれると、SEとしてもやっていけるんじゃないかなと思いますよ。