SEにも「3年目」の転職を考える時期がある

どんな職業にも言われていることですが、転職の大きな基準として「3年目」というのがあります。SEが入社3年目で会社を辞めてしまう理由として上げられるのは「マンネリ」です。3年も経つと自分の仕事も俯瞰して見られるようになります。そうすると視野も広がり会社自体の仕組みも分かってくるでしょう。そのとき「自分のやりたい仕事」がこの会社にはないということに気づく人も多くなります。入社3年目というとまだまだ若く、結婚していない人も多いはず。身が軽い分だけ転職の決断も早くなります。

次に多い理由は「忙しさ」です。特にSEでは会社によっては時間内に帰宅することなど夢のまた夢というところも多く、充実したプライベートなど望むべくもないという状況です。そんな過酷な職場環境の中で、どうにかこうにかがんばってきた3年目、先が見えなくなって転職するという人が多くなります。いいかえれば忍耐の限界も3年ということです。

最後にもっとも転職を考える理由は他社との比較です。3年目になって、外注先や派遣の人達、受注先の人達とも多くの接触があるでしょう。そんな中で仲良くなって、一緒にランチや飲みに行ったりした時、サラリーマンですから給与やボーナス、福利厚生などの話題にどうしてもなったりします。そんな時に同じ環境で、同じ仕事をしているのに年収が数十万以上も違っていたりしたら、今の会社に勤めているのがバカバカしくなって転職してしまうというパターンが最も多くなっています。

こうして3年目に転職を考えるSEが多くなりますが、肝心なことは、まわりに流されることなく、将来をしっかりと見据えるということです。

仕事もわかってきた3年目SE、給与UPのために転職したい

私自身も3年目で転職を考えた事があります。結局転職を実行したのは7年目だったわけですが。。

まず就職の時点で間違っていたことが原因です。何も考えず大学を卒業したら就職、というお決まりのテンプレートに従って就職したので本当に自分がやりたいことを何も考えていなかったんです。

それで仕事も覚えて3年だったときに「本当にこの仕事を60才まで続けるのか?」と自問自答してしまいました。それから悶々とする日々が続き、決断もできず、かといっていい会社も見つからずズルズルしてしまった事があります。

3年たって自信もつけば今よりも給料が欲しい!と思うことはあるはずです。自分がやってることに自信があるなら転職のチャンスだと思いますよ。逆に会社に養ってもらってる感がある人はその会社に依存し続けるしかないですね。何かをきっかけに自分が変わるしかないと思います。

誰にも相談できない「転職」ですので1人になりがちなのが問題だったなと今では思います。転職の決断をしてない状態でもいいから転職エージェントに相談できる、ということを当時は知らなかったのです。誰かに相談することで道が開ける場合もあります。僕の場合は9歳年上の先輩SEでした。その先輩はすでに独立して事業を営んでいたのでとても参考になったんですよね。僕も将来は独立したい、と思えるようになりました。

独立の前に自力を付ける必要があったので今よりも給与アップのために自分自身に対して様々な施策を考えました。3年以内に社内で出世すること、転職して営業職を経験すること、などです。まずは10年先の未来の自分を想像してロードマップを敷くことが大切だと思います。