SEが2年目で転職を考える場合、大丈夫?

SEとして2年目を迎えた頃。そろそろ仕事にも慣れ始め、社会人としても余裕が出始めた頃です。右も左もわからなかった1年目に比べると「仕事」にも欲が出てくる頃であったり、同じようなSEの仕事をしている同僚のことも気になります。

そんなとき、やりたい仕事に配属されなかったということで、転職を考える人も多いのではないでしょうか。まず客観的に自分自身のことを見てみましょう。やりたい仕事に配属されなかったということは、自分自身の技術的なレベルに何らかの問題がなかったのかを考えてみましょう。SEという仕事は、技術屋です。その技術のレベルが、希望していた仕事に追い付いていなかったとしたら、それは自分自身の問題ですから技術を磨くしかありません。このことは転職したからといって変わるものではないでしょう。

では逆にやりたい仕事に対する自分の技術レベルが十分だと考えられる場合、よく職歴として認められるのは3年経ってからといわれます。しかし、日々新しい技術が進歩しSEの仕事の質もレベルアップしている中、現状の環境に満足できずにもっとレベルの高い仕事や密度の濃いSEの仕事に挑戦したいと考えるのなら、転職を考えてみてもいいのではないでしょうか。

こうした積極的な転職の場合、「やりたい仕事」ははっきりしているのですから、まずは興味のある会社を探して応募してみましょう。転職サイトを見て、エージェントに登録してみるのもひとつの手段です。

やりたい仕事に配属されなかった。SE2年目で転職したいけど大丈夫?

2年目といえばまだ第二新卒枠があるので転職が可能な年齢です。私の同僚も一緒に入った会社の2年目でやめて転職していきました。彼は営業SEをやりたくて入社したのにバリバリのプログラマ部門へ配属となり、それがキャリア形成において許せなかったという理由で、転職を実行しました。

特に問題に思うことはありませんし、次の採用会社側もできればウェルカムといった状況が今の転職市場ですので、積極的に転職活動を行って大丈夫だと思います。

当然ですが、転職理由(退職理由と志望動機)はしっかりお話出来ないといけません。SEですのでコミュニケーション能力はある程度備わっていると考えられますので、面接担当者にしっかり伝えましょう。もし上がってしまうとか苦手、という場合は転職エージェントの力を借りてアドバイスをもらうことも十分活用できますよ。