地方でのニーズが高いSEの転職事情

SEの仕事は都市に集中しているため、地方での転職は難しいと思っている人が多いと思います。確かにSEの求人を見るとほとんど都市部に集中していますが、地方でもSEのニーズはあります。むしろ地方では、SE不足が深刻な問題となっており、好条件で質の高いSEを求める傾向が強くなっています。

また最近ではあえて地方という場所を選んで起業している会社、本社は東京にありながら、SE部門だけは古民家などを借りて地方に事務所を設置しているところもあります。これは、地方の町全体が通信機能を充実させてこうしたIT企業を積極的に誘致しているという実態もあります。

確かに都心部などは、会社自体の維持に負担がかかってくるため、技術開発に重点が置けないという問題を抱えています。こうした背景もあり、SEは地方でのニーズが高く、求人も多くなっている傾向があります。また、東京本社の企業が、あえて現地で優秀なSEやクリエイターを採用し始めているケースも増加しています。

地方自治体でもIT企業の誘致を積極的に行ったり、地方の企業も生産の効率化を図るためITのシステム化を進めたり、都会にいては分からない変革も活発化されています。もし、地方でSEの仕事をしたいと考えるのならば、転職イベントなどに参加してみてはいかがでしょうか。

またIターンやUターンをひとつのきっかけにして、地方に転職するのも好条件での採用が期待できます。地方の場合にはハローワークでの情報網が強いこともあるので、一度話を聞きに行ってみてもいいのではないでしょうか。

地方でどんな仕事があるのか

東京・大阪は当然SEの仕事がありますが、愛知・福岡・仙台までなら普通にIT系企業が軒を連ねており場合によっては求人情報も見つける事が可能となっています。問題なのはそれ以外の地方での仕事のことです。IT系企業の多くは都市部に出てきている事により田舎での採用枠はあまりないのが現実です。

求人を探すにしてもやはりリクナビぐらいしか地方までカバーできているサイトがありません。リクナビ、DODAは地方もOKですが、IT系専門の転職サイトであるマイナビITや、レバテック、ワークポートといった有名ドコロは都市部しか相手にしてくれません。

あとは役所のIT担当職は必要とされている人材なので細かく探せば可能性はあるでしょう。ただSEという職業そのままに、という事はないでしょうね。他の仕事と兼務であるとか、パソコンまわりの全部を任せたよ、といった場合も多いです。概ね地方ではIT化についていけない人が多いので、啓蒙活動などもしなければならず大変なんですが。。