SEの悩ましい転職のタイミング

個人的にはSEという職業は非常に面白い職種・職域だと思っているのですがキャリアの積み重ね方が難しい職種だなとも思っております。

ご存知の通り、若手の頃から続く激務と、日々進化しつづけるIT業界という環境だからです。中堅SEを過ぎて管理職へスムーズに進んでいく人材は少なく、他の職種へ転職を考える人もいます。

自分自身は30歳までSEとして働き、その後は転職、今は起業して小さな会社をやっています。変な経歴ですがその中からアドバイスできることもあるのでは、と思ってこのサイトでお伝えしてみたいと思います。

1年め~3年めSEの転職時期

多くの新入社員が最初に思う「この仕事に向いてないのかも」、ですが僕自身もそう思っていた時期がありました。たいして学歴も無い田舎モンのSEがいきなり重要なポストを任されてしまいてんやわんやの2年間でした。SEとして働き始めたけど1年目、2年目で転職を考える人も居ると思います。社会人としてスタートしてとても重要な時期ですのでよく考えて欲しい時期ですね。

そして3年目ですが、これはSEではなくても多くのビジネスマンが仕事に慣れ、他の仕事をしてみたい、さらなる仕事を考えている、今の職場ではキャリアアップできず将来不安、など色んな理由で転職を検討し始める方が多いです。また市場からも3年目は需要が多いので転職しやすい時期でもあります。この時期の転職でもメリットやデメリットもあるので、よく検討して欲しいですね。

若手SEの転職についての詳細はこちらの記事にまとめていますので、参考にしてみてください ≫1~3年目の転職

中堅社員SEの転職

30歳前後のSEが最後の転職チャンスと考えて、色々悩ましい時期です。20代後半ならまだ転職の可能性は高いです。35歳まではまだ引く手あまたな時代です。39歳でちょっとギリギリ求人があるかなという感覚でいてほしいです。リーマン・ショック後の不景気ではSEの仕事も激減しましたけど、それから回復傾向にありますので。そして40歳を超えればもう求人はあまり見られません。

この頃のSEの転職で考えたいのはライフスタイルや家族・親のこと・実家のことなどを含めた転職にしなければならない点でしょう。それから激務で疲れてしまいこれ以上SEとしてやっていくのは難しい、他の職種・残業少なめな仕事に変えたい、と思う方も少なくありません。

中には今所属している会社より少しでも条件や年収が良ければ転職したいという方も居るのですが、それはリスクのある考え方でもあるので、やはりもうちょっと10年先ぐらいの未来を考えて人生設計から行ったほうが良いと思います。僕自身もそう理想なキャリアを積んできたわけではありませんが、参考にしてみてください ≫中堅SEの転職

トピックス

  • システムの仕事は本当に1都3県や大阪に集中しちゃっています。最近は地方・田舎でもIT系の会社の誘致などを行っているところがあります。そんな中で地方での生活を夢見て転職をしたい人、やむをえず実家に帰らなければならない人もいます。僕も田舎出身の人間ですので、その辺は色々考えて働く場所、住む場所を選択してきています。UターンやIターンについてはこちらの記事を参考にしてみてください。

    Iターン・Uターン転職

  • 11年間の中でどのタイミングで転職したらメリットになるか、という疑問もあるかと思います。僕は4月のタイミングが一番良いと思っています。企業は4月入社の新入社員と同じタイミングで転職者にも社内研修などを実施したいと思っている事が多いからです。また、6月や12月のボーナスを貰ってから今の会社を辞めた方がいい、という方もいます。色んな意見がありますね。こちらの記事をご覧ください。

    イザ!会社を辞めるタイミング